ストレスとはもともと物理学で用いられていた用語で、 外から加わる力に対して物体内に生じる反作用の力(緊張)のことを指します。 この考えを 1930 年代に初めて生体に適用したのはカナダの病理学者H. セリ工・・・