「カウンセリング」タグの記事一覧

ゼロ心理

416PV

さまざまな心理療法

心の働きが円滑に行かなくなり病的あるいは社会不適応の状態に陥った 人に対して、広い意味での心理学的知識と技術を用いて行う体系的な 専門的援助活動のことです。そして、用いられる技法に、各種の心理療法があります。 例えば、あ・・・

性格の構造

442PV

さまざまな心理療法

ある人はいつも落ち着いていて、別の人はいつもせわしないといったように、 人間にはそれぞれその人らしいものの考え方や感じ方、行動パターンがあるものです。 この「その人らしさ」のことを性格といいます。 性格の類似語には「人格・・・

心理療法とその目的

1839PV

心理療法とは 心理療法とは、心の働きが円滑に行かなくなり病的あるいは社会不適応の状態に陥った人に対して、広い意味での心理学的知識と技術を用いて行う体系的な専門的援助活動のことです。 例えば、あるクライエント(相談者)が不・・・

来談者中心療法

646PV

ロジャース以前のカウンセリングあるいは心理療法は、 専門家がクライエントに指示や助言をするという形が中心でした。 しかしロジャースは、クライエントの中にこそ問題を解決していく力があることを見いだし、 専門家がクライエント・・・

さまざまな心理療法

626PV

さまざまな心理療法

  現在、数多くある心理療法のルーツは、メスメルに始まる催眠療法 (18世紀後半)と言われています。 そして、催眠療法によるヒステリーの治療からフロイトが構築した精神分析学が心理療法の近代的理論の始まりと言われ・・・

カウンセリング(来談者中心療法)とは

325PV

現在、カウンセリングという言葉はさまざまな場面で用いられています。 このカウンセリングという言莱には   「相談」 「助言」 「指導」「案内」などの意味があり、 広義には、ある分野の専門家が相談に応じるガイダンスに近い意・・・

催眠療法とは

512PV

催眠とは、一定の暗示操作によって導くことのできる心理的・生理的に特異な状態のことで、 変性意識(トランス)状態のことを指します。催眠は、気を失うなどの意識の無い状態や睡眠と同じょうな状態と見なされることが多く、さらには「・・・

心因性精神障害

216PV

1 不安神経症 不安とは対象のない漠然とした恐れの感情とされ、対象が明確である恐怖と区別されています。 この不安な状態(不安感・切迫感・緊張感・怯え・興奮など)が前面に現れ多くの場合、 動悸.呼吸困難・発汗・震顧・めまい・・・

内因性心理障害

246PV

1 精神分裂病 病前性格は分裂気質。 出現率はおよそ0.7%。精神分裂病の症状は多岐にわたっています。 例えば、 「TVや新聞に嫌がらせをされている」など現実離れした不合理な「妄想」、 実在しない対象を知覚する「幻覚」(・・・

精神障害

281PV

精神障害 精神障害、いわゆるこころの病はその原因により三種に大別されます。  1 外因性精神障害 頭部損傷やウィルス感染、薬物中毒など、脳そのものが侵されることにより精神的な異常をきたしたもの。 頭部損傷・脳腫瘍・アルツ・・・

ページの先頭へ