1 不安神経症

不安とは対象のない漠然とした恐れの感情とされ、対象が明確である恐怖と区別されています。
この不安な状態(不安感・切迫感・緊張感・怯え・興奮など)が前面に現れ多くの場合、
動悸.呼吸困難・発汗・震顧・めまい・尿意などの身体反応が発作的に生じる不安発作を伴い、
しばしば死の恐怖にとらわれます。また、不安発作を繰り返すうちにいつ発作が
起こるのではないかという予期不安が起こります。

 2  強迫神経症

自分でも無意味、不合理と分かっていながらも、ある特定の思考(強迫観念)や
行動(強迫行為)にとらわれて日常生活に支障が出てきます。
やめようとすればするほど強い不安が生じ、止めることができません。

強迫観念

「突然人を刺してしまうのではないか」「握手をするとばい菌にとりつかれる」など、
自分でも不適切と思う考えにとらわれ、制御できない。不安や苦痛を伴う。

強迫行為

「何度も手を洗う」「ドアの鍵を何度もU在認する」など。
ほとんどの場合、強迫観念に伴う不安や苦痛を軽減するために
強迫行為を行う衝動に駆られて行う。

 3 恐怖症

ある特定の対象や状況に対して、不合理あるいは異常な相当強い恐怖が持続する、
不安神経症と強迫神経症の合わさったような症です。
その対象や状況は、恐怖を起こしやすい物であれば何でも良く、
対人恐怖・不潔恐怖・閉所恐怖・高所恐怖・広場恐怖・先鋭恐怖などたくさんの種類があります。

 4  心気症(心気神経症)

自分の健康状態に対して異常なほどにこだわり、些細な身体症状を<
重大な病気の兆候ではないかと恐れる、あるいは実際には病気でなくても病気と思い込み、
その心配や不調や苦痛を他者に執拗に訴えます。
医者に身体病を否定されても安心しません。

 5 抑うつ神経症

些細な事柄で抑うつ気分に陥りやすく、その傾向が継続します。
抑うつ症状をとしますが、重篤な症状を呈することは少なく、不安症状や心気症状が目立ち、
自責的な傾向が少ないとされています。
内因性のうつ病との違いは、日内変動が乏しく、
早朝覚醒よりも入眠困難を呈することが挙げられます

 6 ヒステリー

無意識の葛藤や欲求不満が身体的・精神的症状となって現れます。
これらの症状は暗示や状況によって変化し、演技的で葛藤回避や疾病利得など心理的な意味を持ちます。
ヒステリーには運動麻痺 ・知覚麻痺 ・痙攣 ・失立 ・失歩 ・失声などの身体症状に転換される
転換型ヒステリーと、もうろう状態・健忘・記憶喪失など精神症状が表れる解離型ヒステリーがあります。

 7 心身症

身体症状を主としますが、その診断と治療に心理面からの配慮を特に必要とする病態を指します。
心身症の原因となるストレスを招きやすい性格傾向として、
自分の感情を言語化することの苦手なアレキシシミア、
生真面目、自己犠牲的といった過剰適応が注目されています。
具体的には、本態性高血圧・消化性潰瘍. 神経性食欲不振症・気管支喘息・
夜尿症・偏頭痛など多くの疾患が挙げられます。

 8 パラノイア(妄想症)

物事の分別が完全に保たれているのに、現実の出来事に対する思い違いを基に、
まとまりのある体系的な被害的または誇大的な妄想が徐々に形成されます。
妄想以外の面では、言動に目立った異常は見られません。
妄想の主題には、迫害妄想・ 誇大妄想・好訴妄想・発明妄想、
恋愛妄想・嫉妬妄想・心気妄想などがあります。