森田療法



森田療法は、精神科医の森田正馬(もりたしょうま)によって

1920年ごろ創始された主に神経症を対象とする心理療法で、

欧米でも盛んに研究されています。

森田療法では、いわゆる神経症を森田神経質とヒステリーとに二分し、

自己内省的、理知的、小心、取越苦労、完全欲、潔癖、過敏と言った傾向のある

森田神経質(心気症、弥迫観念、恐怖症、不安神経症)を基本的な対象とします。

もともと神経質傾向が強い人は、より良く生きたい、人に認められたいといった 

「生の欲望」を強 く持つので、勉弛や仕事に励み、実績を上げて人にも認められています。

この外界に向けられた 「生の欲望」のエネルギーが、

何らかのきっかけで自分の心身に向けられた 「死の恐怖」に転換し、

とらわれてしまった状態が森田神経質です。

例えば赤面恐怖では、人前で笑われて赤面したことがきっかけで、

人前に出ると自分の顔にばかり意識が集中し、集中するために感覚が鋭くなり、

自分が赤面していることがより強く自覚され、

赤面しないように意識すればするほど顔に意識が集中し、

他のことが考えられなくなっていきます。

このような悪循環を繰り返すことによって症状にとらわれるのです。

森田によれば、私たちの主観と客観、感情と知識、理解と体得とはしばしば矛盾します。

ですから、非論理的な感情の事実を、合理的・論理的な知性によって解決できると考えて

解決しようとすることは誤りであり、赤面しないように意識すればするほど赤面するといった

 「精神の拮抗作用」 を生じるとされています。



森田療法の鉄則は 「あるがまま」です。苦痛な現状から逃げずに

その苦痛をあるがままに受け入れながら、現在必要なことをするという行動的体験を

日々重ねる目的本位な生き方を説きます。

気分や症状は、お天気のように腫れたり曇ったり雨が降ったり、

自分の力ではどうにもコントロールできないものと捉え、

このような気分や症状は何とかしようとせずにあるがままに受け止めます。

 「症状を解決しよう」という執着や、 「不安 ・苦痛だからで きない」という気分本位な態度を捨てて、

不安・苦痛という事実をあるがままに受け人れながら、

自分で変えることのできる行動を健康人らしくすることが大切とされています。

森田療法は入院療法が原則です。

入院での集団生活は、治療に専念できることのほかに、

同様の症状を持つ自分以外の人間の存在を知ることによって

自分は異常なのだという差別感から解放されることに役立つと同時に、社会性を育みます。

しかし現在では、森田療法専門の入院施設は少なく、

病院の外来や心理相談室で精神分析的心理療法や認知療法、

行動療法などさまざまな心理療法と折衷的に森田療法の原理が応用されることがー般的です。

入院療法は以下のように4期に分けられます。

臥褥(がじょく)期

期間は4日~土週間と個室に隔離して、面接、談話、読書、喫煙などの慰安を禁止し、

食事、排便以外は絶対臥褥をさせます。

安静にすることによって心身の疲労を調整するとともに、煩悩、苦痛に直面させ、

刺激飢餓の状態に追い込み、活動への意欲を引き出します。

軽作業期

期間は3日~1週間。基本的には臥褥期と同じ隔離療法で、

交際、談話、外出を禁止しますが、臥褥時間を78時間に制限します。

そして、昼は戸外に出て空気と日光に触れるようにします。

また、この軽作業期に行動記録に感想を交えた日記を毎朝提出させます。

日記指導は、面接場面のみでは把握しきれない側面を把握することで

適切な助言に役立つほか、ラポールを築 く上でも有効 とされています。

重作業期

期間は12週間。前の過程を経て活動に対する意欲が出てきたところで、

大工仕事、まき割り、庭の手入れ、手芸など、実生活に即した仕事を

自ら発見し従事するように仕向けます。

また、読書は歴史、地理、伝記、平易な科学書などを選ばせます。

実際に手足を動かして働くことは、自分に向かっていた注意を外界の目的に向けなおさせるのに

役立ちます。

生活訓練期

期間は1 4堡胆し不安や慇藤をあるがままにして、外界に適応する準備をします。

必要に応じて外出をしたり、時には病院から学校や職場に通う場合もあります。

 

内観療法



内観療法は、浄土真宗の信仰の篤い吉本伊信(よしもと・いしん)が、 「身調べ」という修行法から

宗教的属性を除き開発した心理療法で、森田療法と並んで海外でも研究・実践されている

数少ない日本発祥の心理療法のーつです。

1950 年代から普及活動が行われ、健康な人々の自己啓発沙去として、

また、夫婦や親子の不和、非行、不登校、神経症、心身症、アルコール依存などに適用され、

特に欧米の非行・犯罪の矯正機関や薬物嗜癖などの治療機関で高い評価を得ています。

内観療法での内観とは、母親・父親・配偶者など自分にとって重要な人物との関係を、

  1. お世話になったこと
  2. 恩を返したこと
  3. 迷惑をかけたこと

の3点について、年代順に具体的な事実を調べることを指します。

内観療法には1週間研修所で寝起きして毎日朝6時~夜9時まで内観する集中内観と、

日常生活の中で数時間~数分間の内観を行う日常内観があります。

そして、集中内観は内観の基本練習であって、

日常生活に戻ってからの日常内観が重要とされています。

集中内観では一般的に、「お世話になったこと」や 「迷惑をかけたこと」が多いと

考えられる母親を①~③のテ一マに沿って初めに内観 し、母親が終わったら

父親に対して同様に調べ、それが終わると母親に対して再び調べます。

その後、既婚者は配偶者や子ともに対して内観します。

未婚者は祖父母やきょうだい、友人に対して内観することもあります。

指導者は12時間ごとに1日8~10回、クライエントの部屋を訪れて面接をします。

クライエントはその面接の中で内観した内容を35分にまとめて報告し、

指導者はクライエントの話に静かに耳を傾け受容的な態度でそれを聴きます。

また、内観のその他のテーマとしては、「養育費の計算」や「嘘と盗み」があります。



吉本は「身調べ」の修行を通して「懺悔の極みが感謝の極みにつらなるような」体験を得て、

自己を見つめ反省することの大切さを痛感し、内観療法を開発しました。

内観療法は、生まれてから現在に至るまでの自分の歴史を徹底的に見つめなおすことで、

大勢の人たちに支えられ愛されてきたことや、

自己中心的な考え方や主観的な不幸感にとらわれていた自分を発見し、

素直さや謙虚さを取り戻し、他者への思いやりや感謝の念を表せる人間になる、

という考えに基づいています。

クライエントは内観する中で、母親や父親の愛情を生き生きと再体験し、

そのように愛されていながら、その愛を当然のように受け取り、

感謝の念も薄く、自分から報いる気持ちもなく、迷惑ばかりかけている自分の自己中心性に、

驚きの念を持って気づきます。

そして、愛情の発見や自己中心性の自覚が中核となり、さまざまに洞察が広がるのです。

他者や出来事を多角的に深く見つめなおし理解することによって、

他者に対する愛情、信頼、共感を持つこと、さらに自信や自己の責任を自覚することで、

生きる意欲に満ち、心の安定した自分を獲得します。

内観療法、特に集中内観では朝から夜までひとり個室で自分を見つめるので、

その他の心理療法以上に弛い自我が要求されます。

具体的には、ある程度の欲求不満耐性、自己と他者を分離して考えられる精神的成熟、

問題解決や自己向上の意欲、指導者とのラポールを短期間に形成することな どが求められます。

また、極端に自罰傾向の強い人や、過度の精神的・身体的被虐待体験のある人は

注意が必要とされています。

 

 

ブロトピ:更新報告ですよダンナ!(もしくはお嬢さんw)

 

ブロトピ:今日のブログ更新

 

ブロトピ:更新しました!

 

ブロトピ:今日のブログ更新

 

ブロトピ:ブログ更新通知

 

ブロトピ:Twitterで拡散し合う部