現在、カウンセリングという言葉はさまざまな場面で用いられています。

このカウンセリングという言莱には   「相談」 「助言」 「指導」「案内」などの意味があり、

広義には、ある分野の専門家が相談に応じるガイダンスに近い意味、

あるいは相談活動全般を指します。しかし、より専門的には、

心理的な間題や悩みを持つ人に対して行う相談活動をカウンセリング(心理カウンセリング)

と言い、心理臨床とほぼ同じ意味で用いられています。

 

また、狭義には心理臨床の場面で用いられる心理療法のー種である来談者中心療法を指します。

このようにカウンセリングという言葉はさまざまな意味に用いられていますが、

0心理では、後者の意味のカウンセリング(来談者中心療法)について説明しています。

 

<カウンセリング(来談者中心療法)>

 1940年代に、アメリかの心理学者カール・ ロジャースにより創始 された心理療法。

人間は自分の問題を解決していく潜在的な力を持っているとし、クライエントの成長への力、

自己実現に向かう傾向を全面的に信頼することを基本とする。クライエントが自身の成長への力に

より間題を解決していくために、カウンセラーは非指示的な態度でクライエントの主体性を尊重し、

無条件の肯定的関心、共感的理解をもって接することを提唱している。

詳しくはこちら↓

カウンセリング(来談者中心療法)


ブロトピ:更新報告ですよダンナ!(もしくはお嬢さんw)

 

ブロトピ:今日のブログ更新

 

ブロトピ:更新しました!

 

ブロトピ:今日のブログ更新

 

ブロトピ:ブログ更新通知

 

ブロトピ:Twitterで拡散し合う部