精神障害

精神障害、いわゆるこころの病はその原因により三種に大別されます。

 1 外因性精神障害

頭部損傷やウィルス感染、薬物中毒など、脳そのものが侵されることにより精神的な異常をきたしたもの。 頭部損傷・脳腫瘍・アルツハイマ ー 病など脳の病変が原因で起こる 「器質精神病」急性感染症、熱性疾患・内分泌疾患など脳以外の身体疾患が原因で起ごる「症状精神病」
アルコールや麻薬 ・覚醒剤など化学物質の摂取が原因で起こる「中毒精神病」
があります。

 2 内因性精神障害

原因が特定されてはいないが、生得的・遺伝的な体質や器質的な要素が関している、
あるいはそれらと生育環境の影響が複雑にからまり合っていると推測されているもの。
「精神分裂病」と「躁うつ病」がこれに分類される。詳しくはこちら↓

内因性心理障害

 3 心因性精神障害

持続的なストレスや心理的なショック、精神的な慈藤などが原因となって、
精神と身体の両面にわたって機能障害を生じるもの。
「神経症」や「心身症」がこれに分類される。詳しくはこちら↓

心因性精神障害



これら3つの精神障害のうち、

1. 2. は精神病、
3. は神経症(ノイローゼ)

と分類されます。

精神病と神経症の区別については、現在でも明確な合意は得られていませんが、
およそ、病態がより重篤であり現実を検討する能力が障害されているものを精神病、
病態がより軽度であり現実を検討ずる能力が障害されていないものを神経症と言います。
そして、精神病は原則として心理療法適用範囲外であり、医師による治療が必要となります。

これらの精神障害と大きな関係のある性格の構造について詳しくはこちら↓

性格の構造